2018年2月25日日曜日

7分で読めるピアノの本(8):中村紘子さん・高橋アキさん

「7分で読める…」シリーズ第8弾は、日本の女性ピアニスト特集?という訳ではないが、中村紘子さんと高橋アキさんの本のご紹介。

中村さんの方は最後のエッセイ集となった『ピアニストだって冒険する』

『ピアニストという蛮族がいる』『コンクールでお会いしましょう―名演に飽きた時代の原点』などと同様、その内容はもちろん読み物としても面白い。2015年のチャイコフスキー国際ピアノコンクールの優勝者は実はロシア人じゃなかった…などという「言っていいの?」と思うようなことまで書いてある…(^^;)。


もう1冊は、高橋アキさんの『パルランド 私のピアノ人生』という本。現代曲が得意な現役ピアニストの、実に内容豊かな「ピアノ人生」が語られる。

ちなみに、この本を読んだあと、〈武満徹×高橋アキのリサイタル ♪〉をたまたま聴くことができたのは嬉しかった…(^^)♪



『ピアニストだって冒険する』
 中村紘子
 新潮社 (2017/6/30)




*読書メモ*

読書メモ:ピアニストだって冒険する

*感想文*

〈中村紘子さん最後のエッセイ集『ピアニストだって冒険する』を読んで…〉
〈2015年のチャイコン優勝者はロシア人じゃなかった!ギワク?〉


*その他の著書と感想記事*

『ピアニストという蛮族がいる』
〈「ピアニストという蛮族がいる」やっと読んだ…〉
〈「ピアニストは半分アスリートである」の裏付け?〉


『コンクールでお会いしましょう―名演に飽きた時代の原点』
〈ピアノコンクールの意義?「コンクールでお会いしましょう」〉
〈ピアノ音楽に求められる「プラスアルファ」とは?〉


『チャイコフスキー・コンクール―ピアニストが聴く現代』
〈中村紘子さんの「チャイコフスキー・コンクール」面白い!♪〉




『パルランド 私のピアノ人生』
 高橋アキ
 春秋社 (2013/1/25)




*読書メモ*

読書メモ『パルランド 私のピアノ人生』1
読書メモ『パルランド 私のピアノ人生』2
読書メモ『パルランド 私のピアノ人生』3
読書メモ『パルランド 私のピアノ人生』4
読書メモ『パルランド 私のピアノ人生』5
読書メモ『パルランド 私のピアノ人生』6
読書メモ『パルランド 私のピアノ人生』7
読書メモ『パルランド 私のピアノ人生』8(完)



【関連記事】

《「7分で読めるピアノの本」シリーズ》
《ピアノの本》


0 件のコメント: