2018年5月8日火曜日

ポリーニの息子ダニエレ・ポリーニ(Daniele Pollini)CDデビュー ♪

マウリツィオ・ポリーニの息子、ダニエレ・ポリーニがピアニストとして「イタリア・ユニバーサルよりソロ・デビューします」という少し前の記事(↓)を見つけた。

✏️ダニエレ・ポリーニ・デビュー~ショパン、スクリャービン、シュトックハウゼン:ピアノ作品集

ポリーニの息子がこんなに立派になっていたとは知らなかった。…で、興味を引かれたのはむしろ「親子共演」という部分(↓)。

2018年2月に発売された父マウリツィオ・ポリーニのドビュッシー・アルバムにおいて、ピアノ・デュオ作品「白と黒で」で親子共演を果たしたダニエレ・ポリーニ(1978~)…




父ポリーニが「1998年収録の前奏曲集第1巻以来、20年ぶりのドビュッシー」という前奏曲集第2巻の CD を2月に出していて(↓)、そこに収められた「白と黒で」が息子のダニエレ・ポリーニとのデュオということだ。

✏️ドビュッシーの独創性と革新性を明晰に炙り出すポリーニの卓越したピアニズム


その CD が NAXOS にあったので、まずデュオを聴いてみた。好きな曲なのでいい感じだ。ついでに(失礼…^^;)前奏曲集も聴いてみた。ポリーニのドビュッシーは初めて聴くかもしれないが、なかなかいい ♪

ドビュッシー:前奏曲集第2巻、白と黒で


YouTube に短い "Teaser" があった(↓)。

 Maurizio Pollini - Debussy Préludes II - Quotes (Teaser)


で、ダニエレ・ポリーニのピアノを聴きたいと思って、YouTube と NAXOS を探したのだが、残念ながら見つからなかった。デビュー CD が発売される 5月10日以降には少しは聴けるようになるかもしれない…。

そのかわり、面白い動画を見つけた。ダニエレ・ポリーニの指揮、マウリツィオ・ポリーニのピアノという、ベートーヴェンのコンチェルト「皇帝」(↓)だ。

 Beethoven: Piano Concerto nº 5 "Emperor" Op. 73 - Daniele & Maurizio Pollini - Sinfónica de Galicia

聴いてみると、これがなかなかいい。父ポリーニのピアノはちょっと怪しいところもあるが、全体としてはじつに堂々とした「皇帝」。この演奏気に入った ♪


最初にご紹介した記事には、

ダニエレは1997年にイタリア、ペーザロのロッシーニ・オペラ・フェスティヴァルでピアニストとしてデビュー…

2002年にはラヴェンナ音楽祭でRAI国立交響楽団を振ってベートーヴェンの交響曲第6番と第7番を演奏し、指揮者デビューを果たしています。また、しばしば指揮者として父と共演しピアノ協奏曲を演奏しています

…と書いてある。そうだったんだ…(^^)♪


ところで、「ダニエレ」という名前、「ダニエル」・バレンボイムにあやかったのかな? …そんなわけないか…(^^;)。


0 件のコメント: